UMANIA SUMMER CAMP

umasummer.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 31日

NO USE FOR A NAME (VANS WARPED TOUR '05)

WARPED TOUR REPORT 続き

今回の大本命、NO USE FOR A NAMEの出番はメインステージ右2:00pm。
1:15位から場所取りの為スタンバイ、全く知らないバンドをなんとなく鑑賞。
で、そのバンドが終了後、人を掻き分け掻き分け、ほぼ真ん中の柵前ゲット! やった!!
左のステージではバンドがプレイしてるが、早く終われって思いでいっぱい。
ジリジリと照りつける太陽、目の前ではローディー、バンドが準備、どんどん期待が高まっていく。

彼らのライブは日本で観る機会があった。
忘れもしない1997年、Hi-STANDARDHUSKING BEEとのカップリングで、まさに夢のようなライブ。
当日、会場に行ったらキャンセルだとポスターが……それから確かではないが、2回位ツアーをキャンセルした記憶が。
な~んか、巡り合わせが悪いんだよね~。
なもんで、今回は彼らを観に来たと言っても過言ではないのだ。
新譜出したし、ワープドツアーのキャンセルは無いだろうとの予想でね。

とても長く感じた30分、隣のステージがようやく終了、出番です!!
e0018863_5203392.jpg
出たぁ~~~、ホンモノ!!!
NO USE FOR A NAME

「What's up? Vancouver!! Are fuckin' guys doing today? 」
モッシュピットがどうだか全くわからない状況なんだけど、もう後ろから人が、人が。
のっけから大盛り上がり。
あぁ、夢にまで見たこの瞬間、サイコーです。
正直、彼らの容姿というものはあまり知らなかったんですよ、歌詞カードとかにも登場しないし。
この人が、こんなイイ声出すんだ~、なんて思ったりもしてた。

SET LIST
1. INVINCIBLE
2. REMINDERS
3. OUTSIDE
4. BULLETS
5. FOR FIONA
6. JUSTIFIED
7. YOU DAY
8. FRIENDS
9. TRAGIC
10. SAVIOR

いきなりの名曲から新譜、過去の名曲と個人的にも嬉しい曲あったりとベスト的内容。
ま、こう言うフェスではそうなんだろうけど。
新譜の曲も予習済みだったので、バッチリだったし、彼らのプレイもバッチリ。
え~、インチキ英語で大合唱してやりました(笑)

どこの会場でも言ってる事なんだろうとは思うが、途中
「今日のキミ達は、今までにないくらいサイコーだ! ありがとう」
「スゴイサイコーのキミ達を写真に撮らなきゃ」とステージからデジカメで撮り、
「何日か後にウェブサイトに載せるからチェックしてみてくれよ」と。
載ってました!! 今ならチェック出来ます! 最前列赤いTシャツの右隣がわたくしです!!
やっぱ、他の会場でも同じ事やってましたね(photoコーナーチェック)
しかし、コレは嬉しい限りです。

「このバリゲードが邪魔なんだよな、オレ達、この後自分達のブースにいるからハングアウトしに来てくれよ」
ホントかなぁ~? でももちろん行きやすよ!! Tシャツ買わなきゃだしね!!!
彼らも汗だく、わたくしも汗だく+押されまくってイテテ。
最後までインチキ英語で大合唱し、30分10曲のステージがあっという間に終了。
WARPED TOURのスゴイ? ところは大御所も若手もキッチリ30分って決められていること。
もっと観たいよ~~~、なんだけど終了しちまった。
「See you next time! You guys fuckin' awesome!! Thank you!!!」と言って彼らはステージを降りた。
その言葉、そのままお返ししたいね。
早く、フルスケールのショーが観たい観たい観たい!!!

サイコウだった、コレ観に来た甲斐があった、サイコウ、ホント、サイコウ。
大本命は終わったが、まだWARPED TOURは中盤戦、まだまだイキます。
[PR]

by umasummer | 2005-07-31 06:12 | SUMMER CAMP


<< 7/29 夕食      STARBUCKS CENTE... >>