UMANIA SUMMER CAMP

umasummer.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 13日

土曜スペシャル! KING OF MUSHROOM を探せ!!

もうウィスラーは冬全開。先日開催されたスノーボードワールドカップでは日本勢大活躍してましたね。初日の女子は1〜5位が日本人……どうした!? 他国!! ま、そんな話は置いておいて、いやいや早いものであれから2ヶ月経過。ボツにするのが惜しいので強引に掲載します。

「10月第2週の土曜日に松茸狩りに行くけど行く?」とオーナーが聞いてきたので「もちろん行きやす!!」と返事。去年が採り放題だったって話を聞いていたので期待大で。もちろんオーナーも行くんだろうと思ってたら、「翌日ゴルフだから行かないよ、頑張ってウチの分も採ってきてくれ」だって。松茸狩りのレクチャーを受け「熊とかいるし、迷って他人に迷惑をかけないようにな」と送りだされました。

朝から雨、ちとテンション落ち気味。松茸狩りベテランのAキャプテンとキャプテンのお友達M氏(初心者)が迎えに来てくれシークレットスポットへゴー!! 行きの車内でも松茸狩りのレクチャーを受けるも、やはり実際山に行ってみないとわからんな〜って。でも松茸の生える木の姿を頭に叩き込んだ。

現場に到着。霧が立ち篭める中、上下カッパ着て、長靴履いて、ゴム手袋装着し最強装備完了。そんななかキャプテンが携帯ラジオを取り出し、M氏は風鈴をバックパックに装着してる。「何すか? それ」「熊対策だよ」だって。「え〜〜〜、聞ぃ〜てないよ〜〜〜」わたくし、何も熊対策持ってきてません。先に言っておいてくれれば準備したのに……まま、何とかなるっしょって事でいよいよ入山。

実際に生える木を紹介してもらい各々距離を保ちつつ松茸捜索。生える木は教わったけど、実際どういう風に生えているモノなんだろか??? 1本サンプルが欲しいな〜って思いつつ捜索。どう見ても松茸ではないキノコは生えてるものの目当てがない。松茸にそっくりのニセ松茸は結構生えてたんだけど……引っこ抜いてニオイを嗅げば一目瞭然ニセモノとわかるキノコ。ウザイ(笑)後で聞いたんだけど、最初M氏はこのニセモノを大量に袋に入れていたとの事。やはりKING OF MUSHROOMだけに探すのは大変。「去年はそこら中にあったんだけどなぁ〜〜〜」とキャプテン。場所移動しつつひたすら捜索。

集中して木の下ばっか見てるわけだから気付くとラジオの音、鈴の音が聞こえなくなってる事がしばしば。ヤベ!! そんな時に目の前にこんなのがあるとさらにヤベ!!!
e0018863_7423471.jpg
熊のshitです。木の実があまり消化されてません。確実にいるんです、熊が。ここは熊のおうちですからね。「キャプテ〜〜〜ン」焦りながらラジオ、鈴の音をキャッチした事が何度もありました。危ないです。

え〜〜〜、出ません。松茸の欠片さえ出ません。タイムリーヒット欠乏症。ひたすら捜索が続きます。皆「イチバンに採ってやる」って思ってたに違いないです。わたくしはそう思ってましたから。途中、採られた跡みたいなのは数カ所あって、誰かが先に入ったみたい。「カナダの人は松茸食べないけど、インディアンは食べるし、日本に輸出するのでエージェントが人を雇って採らせたりしてるみたいよ」とキャプテン。「もう1週前に来るべきだったかなぁ〜」って。

あまりにもないので昼前にはちょっと諦めてて、でもこの山歩きがなかなか、いやかなり楽しくて。日常ではナイですから。最強装備でドコでもガンガン入っていけるし。
e0018863_743127.jpg
こんなカワイイきのこはいっぱいあるんだけどなぁ〜。
こういうのを見るのも楽しいし、そう、ウサギ見たの。写真には撮れなかったけど、キュートだった。
e0018863_7432468.jpg
1本も出ないままランチタイム。かなり奥まで入っていて、車まで戻るのが大変だった。塩味だけのオニギリだけどんまい!!

一息入れて再出発。太陽出てイイ感じ。午前中よりさらに奥へ。わたくし、この時すでに諦めモード。山歩き楽しみつつあればいいかな〜って感じで山歩き。で、ある時松茸が生える木があったけど、木の下が結構ウェットでごちゃごちゃしてるな〜ってのが目の前にあり、「お、キノコ生えてんじゃん、ど〜せニセモノっしょ」それでも初心者、一応ニオイを嗅いで判断しなくては分別がつきません。引っこ抜いてみる……ど〜も、いつものニセと違い、白くつややかで美しい……ニオイを嗅いでみる……「!!!」
e0018863_7434363.jpg
「キャプテ〜〜〜ン!!! 出ました!!! 多分ホンモノです、確認を!!!」
「おぉ、これはホンモノだよ」
やりました、ついに1本出ました。ちょっと霜にやられてたけど、何とか食べられそうです。嬉しいですね〜〜〜。1本出た周りも教え通り念入りに捜索。しかしコレだけしか出なかった。1本出たと言う事で、ちょっと皆のテンションも上がり、気付いたらまた独りになってた。2人を探しつつ、さらにホームランを狙ったんだけど、なかなか。しばらくして合流したらM氏が「コレ見てよ」と。わたくしのより倍の大きさのホンモノを発掘してました。「ウォ〜、コレ凄いっすね〜〜〜」「ビギナーズラックだよ」とM氏。「ヤバイ、初心者2人採ってキャプテン採れてないじゃん!」って心の中で思いつつ、「キャプテン、もうちょっと行きましょうよ! ほら、あそこ、ありそうな雰囲気しませんか?」キャプテンに採れなきゃマズイじゃんって事もあったし、もっと採れたら豪華な松茸料理出来るしって事で、もうひと頑張り。しか〜〜〜し、KINGの機嫌は一向に良くならず…………キャプテンがギブアップ宣言しあがる事に。
e0018863_744854.jpg
さらに奥地へ入っていて車まで1時間位歩いたでしょうか。「今頃松茸の袋担いで重くて勘弁してよ〜って言いながら帰ってるハズだったんだけど」とキャプテン(右)去年はそうだったようです。自然が相手ですからね、今年は夏にあまり雨が降らなかったのも影響してるんじゃないかな〜だって。いやいや、わたくしも去年の話を聞いていたから、採る前から松茸どう調理して食べようかいろいろ考えてましたが、計画倒れです。計画倒れですが、1本採れて良かったし、何より山歩きが楽しかったです。連れて行っていただきありがとうございました、キャプテン!! 来年またお願いします。

早起きしたのと、疲れで帰ってからしばしボー−ーっと。当初では松茸ドンブリ作るべ〜って考えてたから、1本ではどう料理すればいいのかなと。しばし考える…………誰もがやらない料理で食べようと。ん〜〜〜、考えた結果、こうなりました。
e0018863_745558.jpg
松茸とチキンラーメン。
松茸をサッとソテーして軽く塩コショウしてチキンラーメン作って上へド〜〜〜ン。ネギぱらぱらしていただきます。
e0018863_7452350.jpg
激んま!!!
採れたてだからか強烈なかほりと味。今までこんな松茸は食べた事がない!! まいった!!! 松茸チキンラーメン堪能しました。

前回書いたFUJI SUSHIにてこの松茸採りの話をしたら寿司シェフが「今年は採れただけラッキーですよ」と。ホントに不作の年だったようです。もちろんチキンラーメンにトッピングして食べた事は言ってません。採り放題の年にまた行きたいですね、そしたら松茸ドンブリで。楽しいショートトリップでした。
[PR]

by umasummer | 2005-12-13 08:53 | SUMMER CAMP


<< Christmas Blend      volcom いろいろ >>