UMANIA SUMMER CAMP

umasummer.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 06日

パンプキンとの15時間バトル Vol.2

どこから彫っていくべきか……やはり細かいところからだよな〜と第一投はスカルの上にあるパンプキン部へグサリ。うへ〜〜〜、難しい。とんでもない下書きを描いてしまった……とさらに挫折……こりゃ〜、歯の部分とか修正していかないと確実に無理! と第一投で直感。
深夜になりTVがつまらなくなったのと(もちろんほとんど見てない)テンション上げていく為、iPODを装着。BRAHMAN、Ken Yokoyama、Hawaiian6、マスラヲコミッショナーを大音量で聴き、歌いつつ作業。
下書きがパンプキンの水分で消えていくのと、多少の修正をマジックでしつつ作業。小さいのこぎりでも困難なのでカッターナイフも使用。カッターでサクッと刺してからのこぎりでシコシコ抜いていきました。
あ"〜、あ"〜とため息つきながらも、音楽に助けられたのと、歯の部分をメイクした頃から多少の自信が生まれ、「意地でもメイクしてやんぞ」と気合い入れ。この頃の音はMETALLICA、MEGADETH、LAGWAGON。
頭部を終え、ちと余裕。背骨の部分は頭部に比べたら細かくないし。ネクタイ部分が多少手間だったけど、あとは一気に抜いた。
e0018863_4531572.jpg
4:30
いや〜〜〜、時間かかったけどセンター部分抜き終わった〜〜〜。テンション上がっていたので休む間もなく左部分にとりかかる。ここでの音は、出ました! HalloweenにはHELLOWEENって事でジャーマンメタルの雄HELLOWEENの登場。アガりまくり!!! 左部分も骨の部分を修正しつつ、髪の毛の部分をケアしながらシコシコ作業。
e0018863_4534279.jpg
6:30
左部分メイク!! もう朝ッスね。ブラインド閉めてたし、集中してたので時間の経過に全く気付かず。それにしても時間かかるな……でもコンテストは昼過ぎからだし、大丈夫大丈夫、それより集中集中。
この時点でかなり自信がつき、勢いのまま右部分へ。自信は生まれたけど、こういう時ほど注意しなきゃって事で、さらに集中力を高め、どこから抜いていくのがいいか考えながら、ここも骨の部分とコーヒーカップ部を修正しつつシコシコ作業。音はHi-STANDARD、NO USE FOR A NAMEでアゲにアゲていった。

8:40
ついにノーミスでフルメイク!! 写真は2つ前の記事の1枚目がその瞬間。やったね〜〜〜、やり遂げれた事が嬉しいね。下書きではさらに外枠もあるんだけど、今日はもうちょっと無理ってのと、マル秘作戦があって今日はこれで終了!!! わ〜、徹夜しちゃったよ〜、一気に疲れが出て床に転がりボ〜っと。寒気がしてこれではいかんと熱いシャワーで身体を起こし、コンテストに向け、パンプキンのクリーンナップと上に「やりました!」と報告。
「こりゃ〜、もしかしたらイケるんじゃないか?」

コンテストの結果は近日。
[PR]

by umasummer | 2005-11-06 05:40 | SUMMER CAMP


<< POW POW      パンプキンとの15時間バトル ... >>